12月 24

金婚式・銀婚式

結婚25周年を記念するものである銀婚式、50周年の記念の金婚式といったものは、日本においても非常になじみが深いものになってきているのではないかと思います。しかし、これは本来は欧米において、年数にちなんで品物を送っているということに関係しています。
Read More »

Posted in 金婚式・銀婚式 | 金婚式・銀婚式 はコメントを受け付けていません。
12月 18

金や銀の重さ

金を手に持ってみたときには、見た目に反して重さがある、ということに驚くことになるかもしれません。1kgという重量のあるインゴットの場合、見た目としては115mm×52mm、厚さ8mm程度。この手のひらに乗るくらいのサイズではあるのですが、1リットルの水と同じだけの重さを持っているということです。
Read More »

Posted in 金や銀の重さ | 金や銀の重さ はコメントを受け付けていません。
12月 11

白金とホワイトゴールドの違い

白金という言葉は、そのまま直訳をしてしまうとホワイトゴールド、となってしまいます。しかし、ホワイトゴールドと白金というのは厳密には全く異なる金属になります。白金というのは、最近ではあまり聞かないものかもしれませんが、これはプラチナという金属です。そして、ホワイトゴールドの場合には、金という金属に対して別の金属を混ぜることによって作ることができる、合金といわれているものです。
Read More »

Posted in 白金とホワイトゴールドの違い | 白金とホワイトゴールドの違い はコメントを受け付けていません。
12月 04

K24、K18の意味

指輪、ネックレスといった金の装身具については、たいていのものが18金といわれている合金になっています。18金の合金である場合には、装飾品にはK18という刻印がされています。このK18というのはその金の純度を表現しているものであり、KというのはKaratという言葉の頭文字にあたります。K24、という表記になった場合には、その金は純金であるという意味になります。
Read More »

Posted in K24、K18の意味 | K24、K18の意味 はコメントを受け付けていません。
11月 28

エンゲージリングに適したダイヤモンドの4Cとは

4Cという基準がありますが、この中ではカット、カラット、カラー、クラリティーという順序で優先をしていくのが良いといえるでしょう。もちろん、予算によっても変わってくることになりますが、カットというのは妥協をせずにエクセレントを選びましょう。そして、カラーやクラリティーに関しては有る程度は妥協しても良いでしょう。それを抑えても、大き目のカラットを選ぶようにしましょう。コストパフォーマンスに対して、見た目の良いダイヤモンドを選ぶためのテクニックでもあります。
Read More »

Posted in エンゲージリングに適したダイヤモンドの4Cとは | エンゲージリングに適したダイヤモンドの4Cとは はコメントを受け付けていません。
11月 20

品質保証書

鑑定や鑑別が行なわれていない商品の場合、そこで取り扱っている店舗から保証書の発行をしてもらうこともできます。ダイヤモンドの販売をしていることが記載された保証書であれば、プレゼントに使うこともできるようになりますね。
Read More »

Posted in 品質保証書 | 品質保証書 はコメントを受け付けていません。
11月 13

鑑定書

鑑定書の発行は、宝石鑑定士の集団によって行なわれることになります。世界には共通の基準が存在していて、これに従って鑑定が行なわれていきます。鑑定の基準は、4Cといわれているもので、カラット、カット、クラリティ、カラーという四つの要素です。
通常、一枚の鑑定書を作成するためには、鑑定士は二人体制でチェックをするようになります。4Cのうち、カット、クラリティー、カラーという部分に関しては、鑑定士の目と勘によって行なわれる部分が多くなるためです。確実性のために、二人で鑑定にあたるということになります。鑑定書では、このような基準に従ってグレードの記載が行なわれます。
Read More »

Posted in 鑑定書 | 鑑定書 はコメントを受け付けていません。
11月 06

鑑別書

その宝石の種類と、天然であるかどうかという判断をするための証書が鑑別書といわれているものです。宝石そのものの価値が決められるのは、この鑑別書ではありません。
宝石が本物である場合、天然と認めるという旨の記述が行なわれます。その宝石が人工的に処理をされているかどうか、されている場合にはどのような処理であるのか、そしてそれ以外の要素では宝石の硬度、比重、屈折率、偏光性、多色性、蛍光性、分光特性なども注目されていきます。
宝石そのものが鑑別された状態のことです。鑑別書については、裸石の状態で作成されるか、もしくは指輪の状態に加工された段階などで作成される場合などがあります。色石を鑑定することによって、その石は天然ものであるのかどうかの判断を下すことになるのです。赤い石は、ルビーなのかそれ以外の石なのか、ということですね。また、加熱処理、張り合わせといったような人工的な処理が行なわれているか否かについても検査をすることになります。機械を使っての、屈折率や硬度・多色性・比重・蛍光性・分光性・偏光性などの石の特性を判断していきます。こういった結果が、鑑別書には記載されていくことになるのです。
Read More »

Posted in 鑑別書 | 鑑別書 はコメントを受け付けていません。
1月 04

パンダ金貨

中国造幣公司によって発行されている地金型金貨が、パンダ金貨といわれるものです。これは、1982年から一年ごとに発行が行なわれています。金の純度は99.9%以上のもので、1トロイオンス、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンス、1/20トロイオンスという五種類のものがあります。
Read More »

Posted in パンダ金貨 | パンダ金貨 はコメントを受け付けていません。